クロメ もう全部は持てなくなった


by kikurage0202

出世払いでお願いします

ひとにはケンカを売って煽るくせに
煽られると逃げるのって違うだろって思ったけど

そもそもきみとわたしは違うんだったね


[PR]
# by kikurage0202 | 2017-11-05 00:14

「全滅」

来てくれた人ありがとう。
興味を持ってくれた人ありがとう。
実現させてくれた飯田くんありがとう。

ぶーぶー言いつつもついて来てくれたメンバーありがとう。



ご苦労さま、お疲れさま。
出会えてよかったな。
あのとき見続けた景色はいまでも憶えているし、
感じたことはちゃんとわたしの一部になった。


朽ちるまでやる。
やめるなんて息を止める行為するわけないだろう。
わたしは死にたくない。




[PR]
# by kikurage0202 | 2017-11-03 22:52

新宿JAMについて



いまから11年前のこと。

わたしはベースを弾いていた。
ベースを募集してるバンドを見つけて、やってみようかなあ、て軽い気持ち。

2006年10月の新宿JAM。
加入ひとつきで初ライブを行った。

その時の記憶はなんにもない。


その三ヶ月後、そのバンドはワンマンライブをした。
場所はまたもや新宿JAM。
オープニングアクトにはMUSHA×KUSHA。
わたしは名前も知らなかった。

その時の記憶は、トイレで梅さんが白塗りしててわたしが入ってきて譲り合った、てとこ。

ライブの記憶はありません。



そこから2010年の3月にそのバンドが解散するまで、わたしはどれだけ新宿JAMに居ただろう。


トイレにはいづみが描いてくれたわたしたちの似顔絵。
PA卓の天井にはわたしのメッセージが貼ってあった。

あの楽屋でたくさん泣いて、あと泣いてるひとをたくさん見た
ゲロで滑ってコケて
関わった人が死んだり
関わった人がパクられたり

解散
脱退、
メジャー
流血

とにかく、たくさんのこと



解散ライブも新宿JAMで行った。
わたしはあのステージを一度納めたのだ。



木の扉。
閉まらないハンドル。
低すぎる天井とヤマハのヘッド。
カビの匂い。
デカすぎる物販テーブル。
スタッフの過酷な勤務。
色恋沙汰。

わたしの血と涙



ありがとうね、っていまなら思うよ。
ほんとうにありがとう。
あの2006年の秋に新宿JAMに出てなかったら、
その後の地獄がなかったら、

わたしはクロメなんてできなかったと思う。



2017年10月30日に、新宿JAMで企画をやります。
わたしのなかの新宿JAMを全滅させる。


昔話をするくらいなら、思い出はいらないわ。










[PR]
# by kikurage0202 | 2017-10-29 01:27

10/25


人を信じることがつかれたな、
とてつもなく。
[PR]
# by kikurage0202 | 2017-10-25 11:24

匿名希望

夢に見るほどに想いを募らせていても
現実世界でわたしは動けない
また会いたいと思うことが主で
また会う気はないのだ
おんなじように生きているから
おんなじ時間は二度とない
守るものも捨てられないものも
もしかしたら無いのかも知れない
多くが変わって行ってしまうなかで変わらないもの
それが全てではないし
或いはまやかしなのかも知れない
唯一なのはわたしが今日もわたしだったことと
明日を迎えたわたしは生きていたらわたしなのだ



わたしはわたしを更新する、それは変わらない
きみはきみを明日も迎えて
また会う日に手を繋ごうね
[PR]
# by kikurage0202 | 2017-10-19 01:49