クロメ もう全部は持てなくなった


by kikurage0202

<   2017年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

歌詞「限定解除」


赤く染まった想いは消せない怒り
今に見てろと飲んだ涙で溺れてる
少しずつでもいい必ず追い詰める
言わない言葉たちが拗れて腹下す

強くなんてなれないけれど決めた事がある


走り続ける
荊道でも
止まったら死んでるのと同じ
誰かと比べてわたしをみるな
この限界の先に行くの

走り続ける
荊道でも
どんなに無様でもいいじゃない
誰かの真似して生きてなんになる
気安く関わらないで

行くあてもないけど
泣いていても前が見えなくなるだけ
誰かと比べてわたしをみるな
この限界の先に行くの
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-31 19:57

歌詞「エゴ」

見た事ない顔で笑ってるでしょ
これでも精一杯なんだ
生まれてくれてありがた迷惑、
どうして出会ったんだ


息を殺してただ見てただけさ
夢でしか許されなかったんだ
歪な理想を話した僕に笑ってくれたよね
一度だけ


人目につかないとこで会おう
太陽に背を向けて
暗くなるまで待とう、全ては見られたくない
嘘がキライなんて嘯いて僕と居てくれる
なんて

寒い気持ち悪い
寒い気持ち悪い
寒い


幽霊みたいにただ見てただけさ
夢でしか愛されなかったんだ
歪な欲に溺れる僕を好きだって言ったんだ
一度だけ


人目につかないとこで会おう
太陽に背を向けて
暗くなるまで待とう、全ては見られたくない
嘘がキライなんて嘘をつく君が死ぬほど好き
なんて

寒い気持ち悪い
寒い気持ち悪い
寒い

[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-27 12:42

歌詞「人形」

いらないでしょう
くだらなすぎて吐き気がしちゃう
あの子の歌なんてもう聞きたく無い
死ねばいいのに。

見えないでしょう
あたし血だらけ
お腹も痛いし
これはなんて病気ですか。

願うだけ無駄ならどうか教えて
楽しいも苦しいも紙一重なんだよ
伸ばした指先がいつかあなたに
届くって信じてたのに。

あなたの理想なんて
死ねばいいのに。
もう歌えないよ
これはなんの仕打ちですか。

願うだけ無駄ならどうか壊して
そばでただ笑ってる人形になりたい
そうしたら仲良しね、ずっと一緒だよ
あたし狂ってなんか無いよ ね。
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-27 12:40

歌詞「窒息」


君に会ってからこんなにも我慢強い私を知ったよ。
こんなにも私は強いよ。
想いを泳がせる毎日が孤独だってそれでも構わない。
こんなにも私は強いの。

君って泣かないね、私ばかりびしょ濡れで
明日には新しい私になって会いにいくのさ。


幸せになりたいな。
幸せになりたいな。
私を壊した君のその息の根とめなくちゃ。
幸せになりたいな。
幸せになりたいな。
血を流して済むならこんなもん全部くれてやる。

幸せになりたいな。
忘れさせはしない、嘘も秘密も道連れて。

君って儚いね、見た夢さえ知らんぷり
明日こそ新しい私になって会いにいくのさ。

幸せになりたいな。
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-27 12:22

歌詞「声」



死滅した世界の沈黙が聞こえる
長い長い溜息のように

見えないものを憎んで目を凝らして歩いてきた
僕は人殺し

僕達が出会ったことに意味があると願った
生きていく為に

いつかこの手で君の首を掴む、
その日が来ると信じてた

残酷なほど僕達はもう会えない
染み付いてる君の匂いと殺意で息ができない

残酷なほど此処は音に塗れて
探していた君の声は何処にも見つからない
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-27 12:17
分かりやすい愛情表現は無いけどすごく好きよ。
分かりやすい見返りは無いけどすごく尽くすわ。
だから私より、長く、生きて、笑ってね。
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-26 23:04

歌詞「天罰」



君が好きだよ
多分これは本心だよ
目まぐるしく変わってゆく
僕の我儘は全部
聞かなくていいよ
君はどうか笑ってて
ただそれだけなのに
上手くできなかった

君が好きだよ
多分これは本当だよ
身の程知らずだと
言われても仕方ないよ
指に触れたとき
嬉しそうな君を見た
望むのなら今までを
捨てれると思ってた


忘れたい忘れてしまえばいい
あまりに冷たかった
君の手を温めてあげたかったこと
ごめんね優しい嘘にさえ
気付けないほどに僕は
いつまでも見惚れてたんだ


君が好きだよ
多分ずっと好きだよ
ただそれだけなのに
上手く言えなかった


忘れたい忘れてしまえばいい
最後の夜に君は悲しい目で僕の
何を見てたの
ごめんね眠れない毎日も
守れなかった約束も
ふたりとも全部おんなじなのに

忘れたい
忘れたい
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-26 22:29

歌詞「罪と罰」


もう少しだけ、手を繋いでて
もう少しだけ、僕を暖めて
目に見えない物ばかりが
僕を救っては苦しめる

怖いのは何?公開公約?
欲しいのは何?僕だけじゃ駄目かなぁ
重く平べったい本に挟まってる
記録なんかにはなりたくない


僕はもう少しでここから居なくなるから
君に会うことも二度とないけど
いつかは忘れて笑ってもいいから
いまは僕だけを好きで居て


神様が言う、とんだ罰当たりと
どう転んでも恐らく地獄行き
どうだっていい、
何でも構わない、だから
どうか僕だけで手を打って


僕はもう少しでここから居なくなるから
君に会うことも二度と無いけど
見えなくなるまで手を振った
君の笑顔は死んでもずっと忘れないんだ

僕はもう少しでここから居なくなるから
君の好きなようにすればいいけど
いまを忘れて笑ってもいいから
誰より幸せになってください
僕より幸せになってください
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-26 22:28

歌詞「沈没」


君と出会ったのは
大きくはみ出した頭の隙間
振り返った目がまん丸で
それ以来首ったけ

君と歩いたのは
夜明けに続くはずの細い道
帰りたくはなかったのに
君を置いて逃げたんだ

仕方ないことなんてない
いつかは笑い合えるように
願うことが祈ることが
今は重くて、歩けない

おんなじような時間の中で
少しずつ言葉は消えた

僕の船はね偽物だから
君を乗せては行けないよ

時を止めて、ずっと、ずっと
残忍な手口で汚し続けた
時を止めて、ずっと、ずっと
本当のことなんで
知りたくないから
時を止めて
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-26 22:28

言いたい事が何も無い
欲しい未来なんて此処には無い
腕を刻んだこの傷も
最早なんの証明にもならない
どんな顔してれば良いの?
どんな私なら満足するの?

言いたい事が何も無い
どう思われようとも構わない
眠れない夜を数えてまた眠れない
なんてもううんざりだ
早く気付いてくれないか
早く消えてくれないか
痛いのも苦しいのも嫌だ
早く早く早く死ね


あなたはまるで棄て忘れたゴミでも見るみたいに目をそらして血塗れの部屋を出た、生きているだけで此処は地獄。


私の中のあなたは何時も後ろ姿で溜息をついて血塗れの部屋を出た、生きていく限り此処は地獄、好きなだけ私を恨んで滅びればいい、こんな世界。
[PR]
by kikurage0202 | 2017-07-26 22:27